マルチコプター空撮請負 スカイフィルム                     マルチコプターによる躍動感の有るダイナミックな空撮を請け負っています

SKY FILM
株式会社 埼玉ホーム:空撮事業部




難易度の高い初心者業者では無理な案件のみ空撮請負致します
他社では撮れない相当難しい案件以外の簡単な撮影は他社へ依頼して下さい
弊社では他社の様なありきたりな誰でも撮れる撮影は致しません
見た人を魅了するイキイキとしたスピード感の有る撮影を得意としています
よって他社と比べて恐らく2倍以上の撮影料金となりますので
価格優先の方は時間の無駄となりますので問い合わせしないで下さい

超高技術による空撮致します
通常のマルチコプター(ドローン)空撮の場合には前進速度が速くても時速40km程度でした、弊社にて扱う機体はグーグルマップにて距離を計測し掛かった時間より割り出した結果瞬間最高時速120kmとなりました(上空より急降下の場合には最高時速190km)。速度の出る機体なので被写体への寄りも相当な迫力が有ります。また、今迄と違いまったりとただ安定した映像撮影では無くロールやループ等により今迄には無い映像撮影が可能となりました。今迄は機体を回転させる事は出来ませんでしたし機体をどんなに傾けても常に映像は水平維持でした、これはこれで良いと思いますが全く迫力は感じませんでした。機体その物も今迄の様な誰でも操縦できる安定したタイプの物では無くGPS等でボタン一つで勝手に戻って来る安全装置など全く無く限られた上級者のみ扱える機体となりますので当然に簡単な機体のみしか扱えない所と違います。
最近ではテレビ等で安定したタイプの空撮映像が相当使われていますので視聴者は既に見飽きてきていると思います。腕が無ければ撮影出来ない特別な空撮映像は現在の様な誰でも撮影出来る物とは違いごく一部の上級者にしか撮影出来ませんので真似する事が難しいのです。他には撮れない空撮映像が欲しい!方はお問い合わせください。
この機種を使えば例えばサスペンス系とした場合高い所にある吊り橋から飛び降りるシーンの映像は今迄は大変お粗末な物でしか有りませんでしたが、この機種を使えば実際に落ちて行くシーンの撮影が可能となります。
自動車・バイク等のレースの場合にはコース上を宙返りしたり高高度から一気に落下する感じのスピード感の有る迫力の有る迫る映像撮影も可能となります。

地上波デジタル放送の場合
機体準備金・・・300,000円
撮影料金・・・50,000円(1フライト3分以内)

※映像送受信機はこのタイプの場合一般的に5.8GHzの物を利用します。5.8GHz帯の送信機の場合には4級アマチュア無線免許を取得の上各人が技適申請をして利用しますが、請負にて利用の際には4級アマチュア無線とはプロ用途での利用が出来ない為結果非合法となってしまう事から弊社ではDJIライトブリッジという技適品を搭載して地上で撮っている映像の確認が出来ます。この映像送信機セットは単体で約20万円する事から機体準備金が高額となります。依頼の際にこの手の機体で請負う業者の殆どが5.8GHz帯の送信機を利用していると思いますが、そういう方へ依頼した場合には依頼者側も法律違反適用となりますのでご注意ください。
※カメラは依頼者にてGOPRO HERO3/HERO3+/HERO4等を予備を含めて2台以上ご用意頂きます
※こちらで用意する場合には別途機材貸出料金が必要となります
GOPRO HERO3+ブラックエディション(4K撮影可能)・・・10,000円/1フライト
Runcam2(1920×1080 60fps)・・・5,000円/1フライト

機体仕様
QAV210フレームセット
2205-2700kvモーター
KISS30Aアンプ
F3レーシングフライトコントローラー
5050-3pプロペラ
DJIライトブリッジ(技適品)
4セル75C(150C)1300mAhバッテリー

この機種による請負は平成28年8月下旬以降の開始となります
現時点(平成28年7月中旬)のレベルはこちらをご覧ください

ドローン規制法適用外(200グラム以下)の機体での空撮開始しました
適用除外となりますので全国どこでも撮影可能となりますが、こちらで飛ばすべきでは無い!と判断した所は撮影出来ません
撮影日までに日数が無い!災害等で緊急に撮影しなければならない!等でハイクオリティは求めていない方向きのプランとなります
目標物へ一直線に進んで寄って行くシーン或は上空より急降下して目標物へ寄って行くシーンとなります

※超小型の機体となりますので半径70~80m以内でのフライトとなります
※軽量化を図る為に手ぶれ補正の為のジンバルを装備していませんので不向きな撮影の場合も有りますが事前にどうやって撮りたいのかをお知らせ頂ければ可否即答致します
※軽量化を図る為に地上にて撮っている映像を確認出来るFPV(映像送受信機)装置を装備していませんので、私の腕を信じて頂ける方のみご利用ください(現在はFPV装置に頼って撮影される方が殆どですが空撮が流行る前は目視での撮影だったので、目視での撮影でも問題なく被写体を捉える事が可能です)

フライト時重量・・・182グラム(ローター間距離133ミリ)
機材費・・・50,000円(税別)
フルHD撮影(1920×1080)60fps・・・10,000円(税別)/1フライト(3分以内)

弊社より200キロ現地入り後3時間以内3フライトの場合
出張費・・・30,000円(税別)
機材費・・・50,000円(税別)
撮影費・・・30,000円(税別)/3フライト
合計額・・・110,000円(税別)

サンプル映像
サンプル映像を撮影した機材は合計重量(機体+モーター+アンプ+プロペラ+MC+受信機+バッテリー)=278グラムとなりますので機体自体は違いますが殆ど同程度の撮影が可能な機体での撮影となります
※簡易的にすぐ外せるカメラ等を除く重量が200グラム以内での撮影となりますので依頼者側で技適の映像送受信機を用意して戴ければ送信機の重量が30グラム以内で有れば搭載可能です

番組専属特別料金

新番組企画時に予算計上する場合に大変お得な料金設定となっています
週1回放送される番組での撮影依頼(2か月以上の場合)
出張費として(宿泊費・交通費・食費別途実費支給)
依頼される地域(例:関東甲信越東北地方等)を限定して頂ければ年間包括許可申請致します

使用機材
弊社で用意するファントム3(フルHD60fps或は4K30fps)

1案件(地上波デジタル放送の場合)
契約金①・・・300,000円・・・こちらで機体一式を用意する場合
契約金②・・・120,000円・・・依頼者側で機体一式を用意する場合
※契約金は期間内6箇所分を依頼時一括払いとなります(3か月(90日)以内)
※契約金は回数が少ない場合であっても一切返金致しません
※消費税・復興税別

撮影料金・・・・30,000円(1日3時間以内拘束1フライト6分以内を3フライト以内)
         10,000円(4フライト目以降1フライト追加に付0.5時間拘束追加)
※機体はこちらで用意の場合、依頼者が用意の場合どちらも2機以上準備する事と致します
※番組エンドロール或は映像内にクレジット表記必須となります
※全て本番日のみとなり予備日充当の場合には1日に付き30,000円の追加となります(最大2日延長迄となります)
※BSプレミアムの場合には各項目1.2倍となります。BSプレミアム以外の衛星放送の場合には1.5倍となります

例(こちらで機体を用意の場合)
3か月以内に6箇所(1箇所当たり3フライトの場合)
300,000円(契約金)+30,000円(撮影料金)×6箇所=480,000円
480,000円÷6箇所=80,000円(1案件あたり)

LinkIconサンプル ファントム4限定!風速15m/s迄対応致します。また降雪・降雨や台風時にも撮影可能です。(別途追加料金が必要となります)
  ※依頼者が機体等一式を用意する場合にはこの項においての追加料金は必要有りません
LinkIcon本業が不動産業に付、出入りが有りますので、お問い合わせの際にはなるべくメールにてお願いします akira9020@gmail.com
LinkIcon3週間以上前に依頼の際には場所に寄りますが包括許可申請を致します


許可権者に連絡が可能な所は極力許可を取得して撮影しています。許可を取得できなかった所は敷地内に無断で立ち入らずに撮影を徹底しています。無許可で敷地内に入ると犯罪となりますので気を付けましょう。

DJI PHANTOM3/4プロフェッショナル(4K)による空撮

◆センサー Sony EXMOR 1/2.3"有効画素数12.4M
◆レンズ FOV94°20mm(35mmフォーマット同等)f/2.8
◆4K(3840×2160p 24/25/30 4096×2160p 24/25)撮影可能
◆フルHD(1920x1080p 24/25/30/48/50/60fps)撮影可能
LinkIconサンプル映像

機体準備金
100,000

1日3時間以内拘束30分以内撮影 ・・80,000円

※本番日の7日以上前迄に機体準備金をお振込み頂きます(機体準備金は準備するのに必要な金額となっていますので本番前に現地入りせずキャンセルの場合にも一切返金致しません)
※本番撮影前に電波障害等の確認の為デモ機にてフライトし障害が有る場合(墜落や変な動きがある場合)には撮影致しません(この場合機体準備金は一切返金致しません)
※最低フライト数3フライト以上からの請負となります

フライヤーとしての請負い致します

DJIファントム3限定
オペレーターとして請け負う事が可能です

基本料金80,000円
1フライト料金20,000円
例:1日4フライト(シーン)撮影の場合
基本料金80,000+4×20,000円=160,000円+出張費となります
4フライトなので4時間以内拘束時間となります

※最低2フライト以上での請負となります
※1フライトに付1時間以内の拘束時間と致します
※機体等一式バッテリーは充電した状態で全てお持ちいただきます
※現地にて機体を確認し壊れている場合にはフライトせず返金も致しません
※万が一墜落の際にはコチラでは一切責任を負いません
※用意された機体が壊れている場合にはこちらの機体を使っての撮影が可能ですが
 機体準備金として基本料金に追加50,000円、1フライト料金が30,000円となりますので
 ご自身で機体等を用意される場合には予備機も用意して戴ければと思います

360度パノラマ撮影&編集(静止画)

平成18年2月より継続して請負中です
不動産サイト等での90度程度のほとんど見れないパノラマでは有りません360度です
超高解像度だとコスト的に高い!ので他物件の撮影が出来ないと思っている方へのサービスです

月額利用料・・・・・10,000円(12か月以上12か月単位の契約となります)
1物件(5シーン以内)・・・・2,000円

共通項目

●拘束時間は日の出より正午までの3時間以内と致します
  午前中1時間以内ごと超過に付      20,000円
  午後1時間以内ごと超過に付       30,000円
●前日入りの場合(早朝より撮影の場合)別途宿泊・食費を実費負担して頂きます
(前日午後入りロケハン同行の場合には50,000円の追加+別途宿泊・食費を実費負担して頂きます・・・基本ロケハンの必要は御座いません)
●出張費が必要な場合には
  蓮田駅より片道道路距離200キロ以内  30,000円
  200キロを超える200キロ以内追加ごと20,000円
●駐車場より撮影場所まで250m(徒歩5分)以内と致します
●現地入りし強風・降雨等により撮影出来ない場合、一切返金致しません
(600キロ以内で車での移動のみの場合には前日10時に予報をチェックの上での決定で構いませんので天候・風速等をしっかりと確認の上、本番日を決定して下さい)
※風速3m/s以内での撮影となります(風速3m/s超の場合には12m/s以内であれば追加料金にて撮影可能)
3m/s~5m/s以内・・・・・1フライトに付10,000円
5m/s~8m/s以内・・・・・1フライトに付20,000円
8m/s~12m/s以内・・・・1フライトに付30,000円
●降雪・降雨時は追加料金が必要となります
霧雨程度の場合・・・・・・・・1フライトに付20,000円
傘が必要だな程度の場合・1フライトに付30,000円
傘をささないと無理程度の場合・1フライトに付50,000円
横殴りの雨の場合・・・・・・・1フライトに付80,000円
※霧や吹雪等で視界が悪い場合にはフライト出来ない場合が有ります
●本番日が依頼決定日の7日以内の場合には当日現地にて撮影前にお支払頂きます
●雪用タイヤが必要な場合には50,000円の追加となります
●金額は全て源泉税別となります

弊社と他社の違い
●他社では技術的に無理!な難しかったり危険度の高い撮影を得意としています
●他社とは違いサンプルが豊富です(他社はたまたま良く撮れたものをサンプル利用していますが弊社はYoutubeに撮った全てをアップしていますので是非ご覧ください)
●FPVに頼る事無く目視ベースで被写体を捉える事が可能なのでダイナミックな動きの有る撮影が可能です
●操縦・カメラアングルを全て一人で行うのでタイムラグが有りません
●目視飛行でも余裕で300m以上離してのフライトが可能なので距離の有る長尺撮影が可能です
●空物のラジコン全般(飛行機・グライダー・ヘリ・マルチコプター)を扱えますので整備調整技術・フライトテクニック・被写体の捉え方・電波障害の際の回避の仕方を熟知しています(ファントムの普及でファントムしか飛ばせないプロダクション等とは違い予め飛ばすと危険な電波障害エリアを熟知していますので落ちないのです・・・例として先日の東京MXTVでのケースは私なら間違い無く回避できたでしょう)
●現地にて作成してきたプランに基づいてフライト後、私がフリーフライトする時が有りますが、相当な時間を掛けて練ってきたプランよりも私が最後にフリーフライトした映像を使う事が多いです(各被写体ごとに最適な構図を認識していますので、リピートされる所はイメージだけ伝えて戴き完全に私に任せて戴いています)・・・他社では言われた通りにすら撮れ無い所が殆どみたいです
※他社に依頼していて都合で断ったので(墜落させたとか飛行禁止区域なのでその会社では撮れない!と言われた等)弊社に依頼された際に言われたのが『マルチコプターってこんなに速く飛ぶんだって知りませんでした!』と何社からも言われました。腕に自信が無い所はまったり飛ばす事しか出来ませんのでダイナミックな観る人総てを魅了する撮影は出来ません

■■■ 廃墟廃鉱山系貴重映像使用料について ■■■
こちらで撮影したマルチコプターによる廃墟系の映像を番組等にて使用したい方は、基本料金5万円プラス1番組1シーン5秒以内につき2万円(税別)以降1秒ごとに3千円にて全く編集していないマスターの利用が可能です。お問合せください。
※番組にて使用の場合には必ず映像内或はエンドロールにクレジット表記となります。
※映像より静止画切出し使用の場合には1ショットに付2万円(税別)となります




LinkIconパノラマ動画撮影サービス開始致
LinkIcon動産保険に加入しました
LinkIcon対人対物5億傷害保険に加入しました
LinkIcon最新型DJIファントム3導入しました
LinkIcon高高度からの迫力ある寄りの撮影が可能な大型シャーレーグライダー3150mm導入しました
LinkIcon安全に配慮したフルHD搭載約400グラムの機体導入しました
LinkIconDJI製コントローラーでの飛行禁止区域内3キロ・5キロ地点でのフライト検証いたしました
LinkIconDJI PHANTOM2+H3-3D(3軸ブラシレスジンバル)導入しました
LinkIconDJI Lightbridge 2.4G Full HD Digital Video Downlink での合法的なFPV撮影に対応しました
LinkIcon安全なプロペラガードのついた軽量タイプの機体を導入しました
LinkIconアイデン製(TRX24T66mini)技適品映像送受信機+八木アンテナ+パラボラアンテナ+アンテナトラッカー での合法的なFPV撮影に対応しました
LinkIcon2.4GHz技適品映像送受信機AT-2620AVSでのFPV撮影に対応致しました
LinkIcon対人5億対物1億の業務用傷害保険に加入致しました
LinkIcon平成25年8月より水中撮影可能なマルチコプターを導入致しました

マルチコプターを楽しまれる方へ!
ルールを守って下さい!
●ラジコン保険への加入
●市街化区域では飛ばさない
●公園では飛ばさない
●人が見えたら必ず着陸する
●車等の往来がある所では飛ばさない
●人や建造物の上は飛ばさない
●操縦者の後ろに同行者は立たせる
●初心者は必ず上級者の指導を受ける
●空き地等で勝手に練習しない
●周辺100m以内に民家等建造物が有る所では練習しない
●非合法な物は使わない
●撮りたい被写体がある場合には、事前に撮影許可を取得してから撮影する
●業務で行う場合には業務用傷害保険に加入する
●誰もが考えて飛ばさない方が良いと思われる場所では飛ばさない

技術的な項目
●バッテリーアラームを使用する事
●バッテリー残量30%以上にする事
●膨らんだバッテリーは使わない事
●バッテリーは並列2本で使用する事
並列の際のコネクターは配電盤に直接2個のコネクターを取付けバッテリーより各コネクターに挿して使用する事
●モーター内に砂や土が入って引っ掛かりがある場合には交換する事
●プロペラが接触等した場合には必ず交換する事
●操縦位置から機体までは10m以上離れる事
●RTF購入の際各半田部分をチェックする事
●コネクター・コードは1ランク上の容量の物を使用する事
●配電基盤は必ず総アンプ容量以上の物を使用する事
一般的な100Aタイプを30A×4=120Aにて使用している方は注意が必要です